恋の遺品整理2

続きになりますよ(=゚ω゚)ノ!



まあそんなワケで



当日は病院で亡くなったので、

死亡確認をとってもらうために
1時間ほどお医者様を待つことになったのですが・・・・





亡くなる1時間位前になります






当日は、ばあちゃんも見舞いに来ていました




なのですが・・・・

その日お互いイラついていたんでしょーか。。






その時のばーさんの態度が、
おーなーから見るに腹立ってしょうがなく、


ばあちゃんに怒鳴りつけてしまいました






おーなーはほぼ毎日泊まってましたが、

ばあちゃんは3日に一度とか
そんな感じで見舞に来ていて、




もう90近いので体力もない中に
頑張って来てくれているのはわかるのですが・・




母の事を全然見ようともせず




外を走る車の様子ばかり窓から覗いているだけで、
全くなほど母を見ないのです





その時母はほとんど声が出せなく
ほぼ眠っていたのですが、





水が欲しいとか痛いとかの要求があった時に体を動かすので、


その都度
母の口に自分の耳をピッタリくっつける様にして、

何とか要求を聞いたりしていました





なので、
ただただ何時間も母をずっと見つめているだけです






そういう状態でしたので、
ただ外を眺めてるばーさんが、





何しににここへ来たんだ?



と、その行動がイラつきました






なので、
何故母を見ないのかという事を尋ねても




自分の耳では言葉を聞き取れないとか、
居てもしょうがないとか、無駄だとか





やることない。暇だ





とほざいたので、
ば~さんと言えど許さんと・・・







ざけんじゃねーどおおおお!
間違っても んーな事言うんじゃねーどお!



暇ならけーれ!(帰れ)
見ねと(見ないと)後悔すって来たんだべやー??!!!



やる事なぐたって おらぁ居だくて居んだあ!

やっ事あんだろ!見ててくれや!




おらぁ外さ行ぐんだ!!
タバコ吸-んだ!!!






大声を出してしまいました
(反省)







その後ばーちゃんは歩いて帰るとムリな事を言い出して

迷子になられたら困るので引き留めましたが





シルバーカーを押す手が止まらない

しかも 杖で戦う準備もしている模様
(おーなー過去に殺されかけてます)







なので仕方なし、息子に迎えに来てもらう事にし、
その間ばーちゃんは外で待っているという事になり


病室から出て行ってしまいました







ばーちゃんが 娘に何かやってやりたい気持ち があっても

おーなーの様に若く体がキビキビ動くでもなく、

ただもどかしく
手も出せずに世話するおーなーを見ているしかない






きっと情けなかったり悔しかったり・・・


どんだけもどかしかったろうと、

言いたくもない感情を口に出した のはわかっていました







ですが、

おーなーもわかっているのに
とても ばーちゃんの心を汲むほど余裕がありませんでした






その時は正直・・


母に会いたいと思ってくれた人が
お見舞いに来る位なら嬉しくは思えても




もうすぐ死ぬことが判っていると、


おーなー自身の 心とか話したい事とか





そんな事はどーでもよくて





自分の子供を思うみたいに


無念も残るだろう母が、
責めてここで出来る


少しでも多く、
笑っているようには見えなくても




きっと笑っているだろう嬉しいだろうという




感情 心



を感じてくれていることを信じて、




奴隷のごとくでも
言われる事全てを今は確実にこなす努力をしよう




と、


そんな事を手伝えない人は
邪魔だとさえ思っているおーなーがどこかにいました







その日がくるまでの事ですが、


おーなーの家庭、親族関係はかなり複雑なので




やるべき事ではないと思われる事も
やるしかないで動き回ったり、


複雑な環境でなければ発生しなかったはずの問題とかで


母の見舞い、介護に専念するに
かなり神経すり減らして毎日集中しておった






そんな中、
周りは母の余命に対して




可哀そう とか
悲しい とか
無念 とか
きっとっもっと生きたかったろうに。。。 とか




マイナスな事ばかり好~き勝手に吐きまくる
いつまでも受け入れない




泣くのこらえて毎日ヘラヘラ笑ってるおーなーは、


その【他人のマイナスの感情】





に飲まれるのをこらえてました






今思えば

死ぬ日が近づくほど、




産まれたばかりの子供を庇う母動物がいら立って
近づくモノに威嚇している



みたいな感じでしたな





そんな時にきまって心に登場します



失恋よ、ああ失恋よ
多分失恋だろう、うん間違いないはずだ




の男です





多くの人はきっと経験するだろうなぁ~という


片思い





実はおーなー、2度の結婚するまでの期間に
それを経験した事がありませんでした




こんな人もきっといるんだろうな~って事で、



その時一番近くにいる人と、なんとなくイイ感じになって
自然の流れで付き合った・・・



とか、


ナゼか周りにいる人達にだけはモテる |д゚)ウホホw 状況下にいる


とか、





・・まあそんな感じで




男にな~んて~

困らないで来れた幸せモノだったのサ~٩( ''ω'' )و



っていう自慢をしてみました(今は違う)






そういった理由からか、




片思いをする機会を失ってきました





よく、

若い時に悪さしなかったら~とか、
若い時に遊んでおかなければ~とか、
若い時に苦労をしておかなければ~とか、




自分が年齢を感じ始めた時にそれらの経験をしてしまうと反動で

その時の行動が抜け出せなくなる



・・・なんて聞いた事がないでしょうか?





よく言われる事例では、



あまり恋愛経験のない状態の人が結婚後に

不倫や浮気

等を経験してしまうと、それらにハマってしまう・・




なんて事とかです






おーなーは片思い中に
頑張って冷静に自分を見つめ続け

葛藤する事年・・・




ハッピーなはずの恋心が、



何故か物事をマイナスにばかり捉えがちになってしまったり
かと思うと、



その殿方との何かの出来事をオカズに



舞台は常にお花畑の中で繰り広げられる
まずは一輪のお花を渡される所から、




次は二人で手を取り合ってスキッポをして~!

そん次は二人で手を取り合ってUSA踊って~!

そいで踊って転んだおーなーを
殿方は優しく抱き起してくれて~!

ほんで次は~!








究極

お姫様抱っこ


そこまでくれば~






おへへへへへへへへぇ~


いや~、そんな書かせないで下さいよ~



決まってるじゃないですか~

そ・の・つ・ぎ・は~










  整 ♥ 体





にー決まってるじゃないですか~!!!!



っつー、



アホな妄想をして
一人笑い出来るほど勝手に幸せに浸れる事が特技なのですが、



その特技が
片思い中はかなり酷く冴えていました





特に運転中に妄想癖が酷くなるので、

ニヤっと笑った顔を対向車にどれだけ目撃され
恥ずかしい思いをした事か・・・





なのですが・・



ハッピーになれたり、


その時行っている事に
もっと意欲的になれる材料にもなってくれたり、


その方と出会った時期、
おーなーはかなり問題だらけの状況下に陥っていて、


誰でもドン引きするであろうと自分を卑下したり
周りだけが幸せにしか感じられない様になったり
とにかく常に不幸せに包まれている様だった心に





私は一人ではないのだ



と、

自分を大切にしなくてはならない気持ちが消えかけていたおーなーにとって


そのお方の存在自体が光であったのです




ですが
それがさすがに●年も片思いとなると~・・・


実るかわからないモノを思い続ける事で自分に利益があるのか?



とか、


損得勘定とか芽生えてきたりとか、とにかく葛藤ばかりでした





そんな心の光であった殿方は、

母の病室にいて心細かった時に




いつも妄想として勝手に表れ 助けてくれたのです





湿きった続く


茨城県土浦市荒川沖から遠方も出張!最近多い茨城県では鹿島市、かすみがうら市、千葉県では我孫子市、野田市。東京都足立区、葛飾区も出張で整体開始しました★【とんとことん院】は幅広いエリアでガッツリ整体に参ります★技とタッチは女でも任せとけ!!٩( ''ω'' )و ウシッ!

2019年05月24日