歪みなど心身バランスを整える整体と改善法の違い

歪みなど心身バランスを整える整体と改善法の違い

とんとことん院は何でも屋的整体として、各種専門と個別メニューを設けないスタイルで営業しております。


ですが表向き【出張整体店】ですので、利用されるお客様のほとんどは整体でのほぐしのみをリクエストされる方が多いです



辛い原因にも少し触れていますが、
体が楽になる事に【完全に痛みがない状態】が目指すものであって、その状態は人の介助のみで本当に作り出すことができるのか?
という問に結論から申し上げますと

答えはNOです


嘘のつけない担当者であれば真実を述べてくれると思いますが、完全に改善を目的とするならば自己努力もないと無理です


 


よく言われる話で、ヘルニアの手術をしても全く症状が改善しないという話を聞きます

 


多くの方の正しい知識や認識のずれから起きる話だと思われますが、

 


ヘルニアというのはあくまで背骨、椎間板の疾患名であって、ヘルニアという辛くなる原因がある事で、肩こりや腰痛、坐骨神経痛という【症状】がでているだけで、腰痛も坐骨神経痛も【症状名】なだけで【病名】ではありません


そのケースで病名と捉えるならば【ヘルニア】の部分なので、ヘルニアが痛いのでは無いです



※広くとらえれば腰痛も病名とも言えます。曖昧でごめんなさい※

 

 


ここでの例えはヘルニアにしましたが、


ならば何故手術をしてもよくならないと訴える方が現実いるのか、骨折を例えに表現しますと、

 

骨を治しても、その骨が治るまでの日々に、今までとは違う生活を送る事で疲れる様になった他の筋肉は、コリなどの症状に変化をしていて

だが骨の完治とともにコリまで同時に治る物でもない事。筋肉のバランスさえ歪み狂ってしまっている

 


正しくない筋肉の付き方自体が戻ったわけではないので、その乱れた筋肉に挟まれた神経も正しい位置に戻ることもない


と、こういう事になります



ただ、これを逆の考え方にとることもできます

 


筋肉を正しい位置に戻せば、体は正しく使われるようになる
正しく使われる事で良質な酸素も体に取り込みやすくなる
血行も良くなり心身ともに健康体質になって筋肉のコリはだんだん減ってくる


最終的にはコリとは別の神経障害など、飛び出た椎間板が接触する痛み自体は、整うようになった丈夫な筋肉が神経の飛び出た背骨を正しく支えられるようになるため、そうそうは発作の飛び出た痛みも出なくなり、これが

 


【自分の体とうまく付き合う】という第一歩になると考えられます

 


こういう事から多くのお医者さんは詳しい解説もしてくれずに、
漠然と【鍛えろ】【痩せろ】【ストレッチしろ】とかの言葉と同時に、効きやしない薬だけ処方して終わりになるという結末になるのではと考えられます

 

説明する側にしたら、かなりの時間を割かないと説明しきれない内容であると考えられます

 


なのでおーなー自身は【簡単に治ると言い切る人は信用しない】というワケなのです

 


自分の体を良いコンディションで保つも結局は


自分の心と考え方、各種改善法に取り組める環境があるのか?
その方の生活スタンスに左右される問題で
簡単そうで意外と維持に難しい事がわかるからです

 


自分の健康のために良くわからん人に時間と金使うんです


それだけ本人には大変な事のはずです


例え相手が医者でもです



トップページで【イタ気持ちよく~】と歌っているおーなーが解説しても説得力にかけるかもですが、もっと詰めると


【触って痛みを気持ちいいと感じる】事自体がすでに体は狂ってます


ここでは医療に例えますが、


医療的にほぐしを入れていくならば、本来は軽擦など含め体を十分に温める行為を行ってからほぐしをいれる事が体の負担減になるのですが、 多くの整体店やリラクゼーション店他は何らかこの手の改善指導してくれるお店でも実際は時間的に無理があるので、


すぐに直接の痛み部位、もしくは関連する場所を探したり、ほぐしに入るのではと思われます


【ほぐし】と言われるのは、実際に多くやられている手法を言い換えるとアレは類似【指圧】です。誤解なきよう。類似です

 


おーなーも整体として行う方法自体は同じなのですが、そこに様々な知識から考えられるやり方と触る部位を考えながらやっています


なのでお受けになられた方には【違う】と良い意味での評価を頂いております


とんとこの場合は多く求められるのがこの【改善よりもほぐし整体】希望のお客様なので、基本的には整体に無理ない程度の後日響く可能性が低くいかつ、無難に即効性があるストレッチとか矯正をさりげなく入れて行っています


整体だけでは万人受けのやり方と思われます


終わった後に違いがわかって驚く方もいました
今はやりの肩甲骨はがしもできますよ

 


これだけの内容に違いがある事から、整体と改善法は分けて考えた上行います

 


整体は字のごとく
体を整える。心身ともにのバランスです

 


ほぐし整体とは、ストレッチや筋トレを行うために固まった筋肉を動かしやすくする【きっかけ】を与える事になるため有効な方法でもあります


骨折とかしたら接骨院でリハビリとか温熱治療やりますよね。ソレと同じ様です


自己免疫細胞などが急いで体を治しにかかるために、そのショックから筋肉が固くなるのでリハビリが必要と思ってもらえればと思います

 


ここで怠けた人はのち数年後とかに関係のないところに後遺症という形で出てきたりします



最近ですと、
長年にわたる肩こりと腕痛を訴え、若い時にバレー経験のある方でしたので、ご本人曰くバレーの後遺症と思い込んでいた方がいらっしゃいました


ですが、過去けが歴を伺った上で原因と思われる場所を探したのですが、手のひらから手首までの筋肉と神経に問題がありとまず推定


過去に数回指を骨折や切開など経験があり、自己流のセルフ処置をした後遺症が濃厚と考えられました


お医者さんじゃここまで過去にさかのぼって丁寧に見てくれないと思いますし、その時点での症状しか見ないと思います


手首の硬さと特定方向に曲げた時、曲げない時の硬さと筋肉の付き方と流れでの考す


解消に近い手法で試みたところ肩こりは解消しましたが、長年にわたる不調に変わってしまった為に、他にも手を入れらないとならない所が沢山あり厄介なケースになっていました

 


これが、関係ない所に後遺症としてでてくるの例であります


改善法とは自己努力も必要になってくる事で、その方の時点での体の状態からできること【ストレッチ・筋トレ法】と合わせておーなー自身も介助します


どうすれば体が原因にセンサーを向けられるようになるかの精神論的なお話もします


ですが良いことばかりは話しません。

のちに筋肉痛などになる可能性もあるデメリットなどもちゃんとお話しします
痛みが出たならばその逃し方もお教えできるので安心して下さい。

スポーツにも応用ができるベクトルの考えなど雑学もお話しするかもしれません


※よくストレッチや筋トレはやるなとかいう人いますが、確かにストレッチ直後は拘縮という防御反応から体が硬くなることは確かなのですが、それは短いスパンで考えるなら不利という事なだけです


ヨガやピラティス等とても体に良いものですし


ですので、その日限りのリラクゼーションには向きませんが長いスパンの改善法には有りと考えます


他は、矯正という名のストレッチはやりません。ストレッチはストレッチです
正し例外、五十肩などの関節炎症や炎症亜急性とかやらない方がよい場合もあるのでお尋ねくださいね


正しい方法ならば、おーなーは自主トレ自宅ストレッチ推しです。柔軟な筋肉はキャパが広いためコリも分散するので体も楽になります。一か所にゴリゴリとかの塊コリは必ず消えます

 



あと最後にお伝えしたい事が1つだけあります。

どこも痛くない状態をずっと作り続けること自体は無理であろう
という事です

 


治すために体を張り知恵を絞ってくれるお医者さんでも、おーなーの様に人をほぐす人間でも、体操を教えてくれるトレーナーでもアスリートでも。

筋肉は絶対に疲労します


ただそこで言えることは、痛く辛くなる症状が出るのはその人の置かれている環境(家庭環境や仕事内容など)がかなり関係してくるために


改善したかと思っても、それを維持できる環境下にない人はまたいつか同じ症状を引き起こします

 


ですが我々のように指導する立場の人間などは、辛くなったとしてもすぐに元に戻せるだけの【体の基礎が出来上がっている事と対処法をわかっている】のでうまく体と付き合えているから【辛くない】と自己表現できるのだと思います

 


おーなーは自己表現すると
力持ちのタコ って感じの軟体人間です
吸いつきませんしタコ助という意味ではありません


もしもこういった改善法を専門店でなくても、とんとことん院でも受けてみたいと思われる方がいましたらご遠慮なくおっしゃって下さい


ですが基本整体ほぐし屋ですので、ほぐしまで入れると相当なお時間が必要になりますので130分以上のコースでお願いします
ほぐし整体はいらないという方でしたら 70、95でも大丈夫です

とんとことん院は何でも屋的整体として、各種専門と個別メニューを設けないスタイルで営業しております。


ですが表向き【出張整体店】ですので、利用されるお客様のほとんどは整体でのほぐしのみをリクエストされる方が多いです


辛い原因にも少し触れていますが、
体が楽になる事に【完全に痛みがない状態】が目指すものであって、その状態は人の介助のみで本当に作り出すことができるのか?
という問に結論から申し上げますと

答えはNOです


嘘のつけない担当者であれば真実を述べてくれると思いますが、完全に改善を目的とするならば自己努力もないと無理です



よく言われる話で、ヘルニアの手術をしても全く症状が改善しないという話を聞きます


多くの方の正しい知識や認識のずれから起きる話だと思われますが、


ヘルニアというのはあくまで背骨、椎間板の疾患名であって、ヘルニアという辛くなる原因がある事で、肩こりや腰痛、坐骨神経痛という【症状】がでているだけで、腰痛も坐骨神経痛も【症状名】なだけで【病名】ではありません


そのケースで病名と捉えるならば【ヘルニア】の部分なので、ヘルニアが痛いのでは無いです



※広くとらえれば腰痛も病名とも言えます。曖昧でごめんなさい※


ここでの例えはヘルニアにしましたが、


ならば何故手術をしてもよくならないと訴える方が現実いるのか、骨折を例えに表現しますと、

 

骨を治しても、その骨が治るまでの日々に、今までとは違う生活を送る事で疲れる様になった他の筋肉は、コリなどの症状に変化をしていて

だが骨の完治とともにコリまで同時に治る物でもない事。筋肉のバランスさえ歪み狂ってしまっている

 


正しくない筋肉の付き方自体が戻ったわけではないので、その乱れた筋肉に挟まれた神経も正しい位置に戻ることもない


と、こういう事になります



ただ、これを逆の考え方にとることもできます

 


筋肉を正しい位置に戻せば、体は正しく使われるようになる
正しく使われる事で良質な酸素も体に取り込みやすくなる
血行も良くなり心身ともに健康体質になって筋肉のコリはだんだん減ってくる


最終的にはコリとは別の神経障害など、飛び出た椎間板が接触する痛み自体は、整うようになった丈夫な筋肉が神経の飛び出た背骨を正しく支えられるようになるため、そうそうは発作の飛び出た痛みも出なくなり、これが

 


【自分の体とうまく付き合う】という第一歩になると考えられます

 


こういう事から多くのお医者さんは詳しい解説もしてくれずに、
漠然と【鍛えろ】【痩せろ】【ストレッチしろ】とかの言葉と同時に、効きやしない薬だけ処方して終わりになるという結末になるのではと考えられます

 

説明する側にしたら、かなりの時間を割かないと説明しきれない内容であると考えられます

 


なのでおーなー自身は【簡単に治ると言い切る人は信用しない】というワケなのです

 


自分の体を良いコンディションで保つも結局は


自分の心と考え方、各種改善法に取り組める環境があるのか?
その方の生活スタンスに左右される問題で
簡単そうで意外と維持に難しい事がわかるからです

 


自分の健康のために良くわからん人に時間と金使うんです


それだけ本人には大変な事のはずです


例え相手が医者でもです



トップページで【イタ気持ちよく~】と歌っているおーなーが解説しても説得力にかけるかもですが、もっと詰めると


【触って痛みを気持ちいいと感じる】事自体がすでに体は狂ってます


ここでは医療に例えますが、


医療的にほぐしを入れていくならば、本来は軽擦など含め体を十分に温める行為を行ってからほぐしをいれる事が体の負担減になるのですが、 多くの整体店やリラクゼーション店他は何らかこの手の改善指導してくれるお店でも実際は時間的に無理があるので、


すぐに直接の痛み部位、もしくは関連する場所を探したり、ほぐしに入るのではと思われます


【ほぐし】と言われるのは、実際に多くやられている手法を言い換えるとアレは類似【指圧】です。誤解なきよう。類似です

 


おーなーも整体として行う方法自体は同じなのですが、そこに様々な知識から考えられるやり方と触る部位を考えながらやっています


なのでお受けになられた方には【違う】と良い意味での評価を頂いております


とんとこの場合は多く求められるのがこの【改善よりもほぐし整体】希望のお客様なので、基本的には整体に無理ない程度の後日響く可能性が低くいかつ、無難に即効性があるストレッチとか矯正をさりげなく入れて行っています


整体だけでは万人受けのやり方と思われます


終わった後に違いがわかって驚く方もいました
今はやりの肩甲骨はがしもできますよ

 


これだけの内容に違いがある事から、整体と改善法は分けて考えた上行います

 


整体は字のごとく
体を整える。心身ともにのバランスです

 


ほぐし整体とは、ストレッチや筋トレを行うために固まった筋肉を動かしやすくする【きっかけ】を与える事になるため有効な方法でもあります


骨折とかしたら接骨院でリハビリとか温熱治療やりますよね。ソレと同じ様です


自己免疫細胞などが急いで体を治しにかかるために、そのショックから筋肉が固くなるのでリハビリが必要と思ってもらえればと思います

 


ここで怠けた人はのち数年後とかに関係のないところに後遺症という形で出てきたりします



最近ですと、
長年にわたる肩こりと腕痛を訴え、若い時にバレー経験のある方でしたので、ご本人曰くバレーの後遺症と思い込んでいた方がいらっしゃいました


ですが、過去けが歴を伺った上で原因と思われる場所を探したのですが、手のひらから手首までの筋肉と神経に問題がありとまず推定


過去に数回指を骨折や切開など経験があり、自己流のセルフ処置をした後遺症が濃厚と考えられました


お医者さんじゃここまで過去にさかのぼって丁寧に見てくれないと思いますし、その時点での症状しか見ないと思います


手首の硬さと特定方向に曲げた時、曲げない時の硬さと筋肉の付き方と流れでの考す


解消に近い手法で試みたところ肩こりは解消しましたが、長年にわたる不調に変わってしまった為に、他にも手を入れらないとならない所が沢山あり厄介なケースになっていました

 


これが、関係ない所に後遺症としてでてくるの例であります


改善法とは自己努力も必要になってくる事で、その方の時点での体の状態からできること【ストレッチ・筋トレ法】と合わせておーなー自身も介助します


どうすれば体が原因にセンサーを向けられるようになるかの精神論的なお話もします


ですが良いことばかりは話しません。

のちに筋肉痛などになる可能性もあるデメリットなどもちゃんとお話しします
痛みが出たならばその逃し方もお教えできるので安心して下さい。

スポーツにも応用ができるベクトルの考えなど雑学もお話しするかもしれません


※よくストレッチや筋トレはやるなとかいう人いますが、確かにストレッチ直後は拘縮という防御反応から体が硬くなることは確かなのですが、それは短いスパンで考えるなら不利という事なだけです


ヨガやピラティス等とても体に良いものですし


ですので、その日限りのリラクゼーションには向きませんが長いスパンの改善法には有りと考えます


他は、矯正という名のストレッチはやりません。ストレッチはストレッチです
正し例外、五十肩などの関節炎症や炎症亜急性とかやらない方がよい場合もあるのでお尋ねくださいね


正しい方法ならば、おーなーは自主トレ自宅ストレッチ推しです。柔軟な筋肉はキャパが広いためコリも分散するので体も楽になります。一か所にゴリゴリとかの塊コリは必ず消えます

 



あと最後にお伝えしたい事が1つだけあります。

どこも痛くない状態をずっと作り続けること自体は無理であろう
という事です

 


治すために体を張り知恵を絞ってくれるお医者さんでも、おーなーの様に人をほぐす人間でも、体操を教えてくれるトレーナーでもアスリートでも。

筋肉は絶対に疲労します


ただそこで言えることは、痛く辛くなる症状が出るのはその人の置かれている環境(家庭環境や仕事内容など)がかなり関係してくるために


改善したかと思っても、それを維持できる環境下にない人はまたいつか同じ症状を引き起こします

 


ですが我々のように指導する立場の人間などは、辛くなったとしてもすぐに元に戻せるだけの【体の基礎が出来上がっている事と対処法をわかっている】のでうまく体と付き合えているから【辛くない】と自己表現できるのだと思います

 


おーなーは自己表現すると
力持ちのタコって感じの軟体人間です
吸いつきませんしタコ助という意味ではありません


もしもこういった改善法を専門店でなくても、とんとことん院でも受けてみたいと思われる方がいましたらご遠慮なくおっしゃって下さい


ですが基本整体ほぐし屋ですので、ほぐしまで入れると相当なお時間が必要になりますので130分以上のコースでお願いします
ほぐし整体はいらないという方でしたら 70、95でも大丈夫です